白石城主片倉氏と家臣の系譜 - 川村要一郎

川村要一郎 白石城主片倉氏と家臣の系譜

Add: jidox65 - Date: 2020-11-29 17:38:28 - Views: 2127 - Clicks: 4563

片倉景綱の子。 伊達政宗・忠宗・綱宗の3代に仕えた。 白石城主。幼名・通称は弥左衛門、左門、左衛門。 通称は片倉家の当主に代々引き継がれた小十郎である。. : 日. 川合 カアイ 川越、三郷に存す。 カワイ参照。 河合 カアイ 川越、三郷、戸田、和光等に存す。 カワイ参照。 貝 カイ 川越、大井等に存す。. 以上の事を調べた結果、仙台藩祖伊達政宗公の右目と称された重臣【片倉影綱】という人物が城主を務めた白石城の情報を入手しました。. '98 白石城主片倉氏と家臣の系譜 川村 要一郎(1. 浅野内匠頭の子孫が白石の片倉氏の家臣になっております。. 第二節 松前氏一族 松前氏第五世慶(よし)廣以降の松前氏一族は、多くは家臣となって、藩主を補助し、家老または重臣となっているが、家臣の少ない松前藩が同族企業体的な藩であるといわれる所以ゆえんもそこにある。しかし、なかには幕府に旗本として禄仕したり、仙台藩に禄仕して側面. &0183;&32;418 林田 約49,200 清和源氏満季流、近江に分布。肥前林田氏は有馬家臣、後に大村藩士。 419 横井 約49,200 尾張国横井発祥の桓武平氏北条氏流、後裔に名古屋藩士。ほか諸流多し。 420 大平 - 約49,100 土佐、讃岐発祥の藤原氏秀郷流。ほか桓武平氏、藤原氏道兼流.

白石城主片倉氏と家臣の系譜 川村要一郎 創栄出版: 1997年4月 迫町の人物誌 迫町の人物誌編集委員会 佐沼郷土史研究会: 年11月 佐沼郷の歴史ノート - 佐沼郷土史研究会: 年5月 西多賀郷土史物語 関根一郎 松木産業: 1977年12月. 片倉 重長(かたくら しげなが)は、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将。仙台藩伊達氏の家臣。 片倉景綱の子。伊達政宗・忠宗・綱宗の3代に仕えた。白石城主。幼名・通称は弥左衛門、左門、左衛門。. リストに紹介されている本のお問い合わせは こちらからどうぞ。掲載されている本の在庫が必ずあるとは限りません。 お探しの本がある場合は、以下の手段で検索してください。 ブラウザの「編集」をクリック 「このページの検索」をクリック(キーボードのCtrlボタンを押しながらFを押せば. Posted by 川村要一郎 at 年08月28日 05:00.

特別展『仙台真田氏の名宝5』開催が7月2日(日)まで蔵王町のございんホール(蔵王町ふるさと文化会館)にて開催中です。 5回目となります今回は『伊達家臣・真田家~みちのくに行きた真田幸村の系譜~』と題して、江戸期の真田家一族についても詳しく紹介. 亘理世臣家譜略記49 成実に仕える。. '99 島津家おもしろ歴史館2 『美濃源氏土岐氏研究講座』講. 牧野 登/編著 北条氏系譜人名辞典 北条氏研究会/編 日本に「鈴木」はなぜ多い? 妻は針生盛直の娘、後妻は阿梅. 日の出、榴ヶ岡、堤、勝山公園でクーラント補充。18:40駅前の喫茶店で3者会談。石井氏が社長になっている、横山仁氏は自分で出版社を起業したとのこと。 25日、13:00出発。白石国道沿いのペーキングでしばらく休憩。ホイール磨く。やおら福島ja。. 参考文献一覧。 『怪しい地名研究 郵便番号を使って日本地名の意味を探り、日本の起源を探究する パート1 (アイヌ語地名のロマンを全国に求めて)』 (烏野博文、ウノラボ、).

黒田氏に代わり、丹後田辺城主 細川忠興が領有することとなる。 寛永9年(1632)、細川氏が肥後国熊本へ移封され、播磨龍野から小笠原長次が入部する。 享保2年(1717)、奥平昌成が入封し、以降、幕末まで9代150年余にわたり奥平氏が支配する。. 北海道に渡った仙台藩家老、片倉家家臣系図集の「白石城主片倉氏と家臣の系譜」という本にて淺野姓は記載されていないという情報を入手しました。 残念です。 また別の角度から調べなおそうと思います。. 伊達 政宗(だて まさむね)は、出羽国と陸奥国の戦国大名で、伊達氏の第17代当主。近世大名としては仙台藩の初代藩主である。幼名梵天丸。没後は法名から貞山公と尊称された。幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し、隻眼となったことから後世「独眼竜. 亘理世臣家譜略記108 伊達から仕える。 伊藤丹波.

加井 カイ 坂戸、八潮、川口等に存す。 福島県双葉郡大熊町 五戸あり。. 1589年4月の甲斐守の岩城臣従から数えて12年、1588年8月15日紀伊守の実質的な岩城臣属から数えれば13年、「岩城家臣大越氏」は、ついにその幕を閉じた。しかのみならず、大越氏は父祖以来の南奥の故地をも永遠に去ったのである。 相馬大越氏と秋田大越氏. 伊達政宗(だてまさむね) 戦国大名 伊達氏第17代当主 仙台藩初代藩主 従五位下・左京大夫、侍従、越前守、 従四位下・右近衛権少将、陸奥守、 正四位下・参議 従三位、権中納言 梵天丸、藤次郎 独眼竜、羽柴大崎侍従、松平陸奥守、貞山公 生涯 永禄10年(1567年)出羽国米沢城で生まれ. by ラフ&ピース ニュースマガジン 年8月23日, 05:39 1.

白石城主片倉氏と家臣の系譜: 川村要一郎: 創栄出版: 98/08: 1: 未分類: 293: 1031: しろいチョー: 白いチョークをひとつ下さい 九州女子大学主催・第一回全国高校詩歌コ: 福島泰樹: 新声社: 98/06: 1200: 詩歌: 294: 0989: しろいちんも: 白い沈黙: シャスティン. 片倉景綱の子。 伊達政宗・忠宗・綱宗の3代に仕えた。 白石城主。幼名・通称は弥左衛門、左門、左衛門。 通称は片倉家の当主に代々引き継がれた小十郎である。 諱ははじめ重綱で、江戸幕府3代将軍 徳川家光の嗣子・家綱の諱字を避けて重長と改名した 。. 會 カイ 草加に存す。. 『白石市史4 史料篇(上)』(1971年) 川村要一郎『白石城主片倉氏と家臣の系譜』(創栄出版、1997年) 『川西町史 上巻』(1979年) 『高畠町史 上巻』(1972年) 『米沢市史 古代・中世史料資料篇1』(1985年). 第5章 幕末の熊石 第1節 幕末の動きと熊石 嘉永~安政期(1848~59)に入ると徳川幕府の終末期に入り、国内的には尊王、攘夷(外国船を打はらえ)論の抬頭、また、倒幕思想の排出等の不隠な行為が多くなり、対外的には外国船の国内への渡航の増加による不安。. 天文13年(1544年)9月、伊達晴宗の次男として生まれる。 長兄・親隆が、母方の祖父である岩城重隆の養子となっていたため、世子となる。 天文24年(1555年)3月19日、元服し、将軍・足利義輝の偏諱を受けて輝宗と名乗った。 永禄7年(1564年)、最上義守の娘(最上義光の妹)・義姫を. その後天正16年、片倉景綱の麾下となり、浪人分として奉公。(白石城主片倉氏と家臣の系譜) 石垣太郎左エ門.

片倉 重長(かたくら しげなが)は、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将。 仙台藩 伊達家の家臣。. 川村要一郎: 白石城主片倉氏と家臣の系譜: 創栄出版: 98/08: 1: 285: 0963: かわ: 川本和彦: 大学入試センター試験 政治・経済: 語学春秋社: 98/07: 1100: 286: 1274: かわ: 河本敏浩: 即戦すぐできる現代文: ナガセ: 98/08: 白石城主片倉氏と家臣の系譜 - 川村要一郎 750: 287 ____ かん: 看護・医療技術学校受験研究会. 1615年(慶長20年)の旧暦5月7日、大坂夏の陣で真田幸村は徳川家康を一時は追い詰めたものの最後には力尽き、ついに49歳で散っていった。その翌日には大坂城が落城、幸村の長男・幸昌(大助)も淀殿・豊臣秀頼の母子に最後まで付き従い運命を共にした。しかし真田幸村の歴史はこれで. 秋場 龍一/著 『美濃源氏土岐氏研究講座』講. 伊達 政宗(だて まさむね)は、戦国時代の武将。 出羽国(羽州)と陸奥国(奥州)の戦国大名。 陸奥仙台藩の初代藩主。.

戦国武将などが登場する本の一覧表です。本のタイトルの頭文字で整理してありますので、戦国本を探すときの参考にお. (亘理町史p318) 市川大学. 電脳せどりで稼ぐ商品リストを毎日無料公開! 独自の手法により、お宝商品を発掘します。.

甲斐 カイ 新潟県佐渡郡金井町 八戸、 両津市 百五戸. 片倉景範、北海道に渡り、函館・室蘭を経由して幌別を視察。 1870 亘理伊達、岩出山伊達、白石片倉、角田石川家臣団(添田竜吉、泉麟太郎等)、北海道に移住開始 宇和島領内で百姓騒動勃発 1871 廃藩. 本姓は藤原氏。 家系は伊達朝宗を祖とする伊達氏。 第16代当主・伊達輝宗と最上義守の娘・義姫(最上義光の妹)の嫡男。 幼名は梵天丸、字は藤次郎、諡号は貞山。.

白石城主片倉氏と家臣の系譜 - 川村要一郎

email: wabuty@gmail.com - phone:(696) 524-1194 x 5426

バードウォッチング - 常山秀夫 - 道路防雪便覧

-> 家づくりのすべてがスラスラわかる本<改訂版>
-> 知多市 2009

白石城主片倉氏と家臣の系譜 - 川村要一郎 - 玉井金五 都市失業問題への挑戦


Sitemap 1

コンサドーレ札幌公式グラフ 2012 - 北海道新聞社 - 広池学園出版部 生きる喜び愛する心